事故車・修復歴車とは?定義は明確に決まっています。

目安時間:約 6分

あなたは、自分の愛車が、事故車(修復歴車)になるかどうか気になったことありませんか?

 

実は、多くの人が、車を売却するときに

 

「ガードレールで擦って直しことがあるけど、事故車になるのだろうか?」

「縁石でバンパーをぶつけたことがあるけど事故車になるの?」

 

というふうに、「私の車は事故車になるんだろうか?」ということを気にします。

 

 

ただし、一見、事故車になるかどうかの判断は難しいように感じますが、

実は、明確な定義が決まっているんです。

 

なので、自分の愛車が事故車になるかどうかは、自分で判断できるんですよ。

 

というわけで『事故車の定義』についてお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実に!
  • 大切に乗ってきたから、高く買取りしてほしい
  • 今の愛車の価値を知りたい
  • 高く売って、新車の購入資金にしたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

事故車という言葉は、本当は存在しない!?

事故車の定義の前に、一つ小話をしますね。

 

多くの人が、“事故車“と当たり前のように使っていますが、

実は、車査定のなかには事故車という言葉はないのをご存知ですか?

 

事故車という言葉は俗称のことで、本当は事故をした車のことは

修復歴車(修復歴ありの車)』というんです。

 

そのため、査定士さん達は、事故車とはいわず『修復歴車』と言うんですよ。

(なので、この記事でも ”事故車(修復歴車)”と書いているんです)

 

 

ただ、お客様は、修復歴車と言われても、ピンとこない方もいます。

 

なので、分かりやすくするために、あえて事故車という査定士さんもいるんです。

 

 

事故車(修復歴車)の定義

事故車(修復歴車)の定義は、

 

・(社団法人)自動車公正取引協議会

・(財団法人)日本自動車検査協会

・日本中古車自動車販売商工組合連合会

 

の3つの組織が、統一基準として決めていて、以下の骨格部位を交換・修復したものをいいます。

 

Accident car-Definition

(画像は、JAAI(一般財団法人 日本自動車査定協会 東京都支所)様からお借りしました)

 

①~⑨までの名称は、このようになっています。

 

①フレーム (サイドメンバー)

②クロスメンバー

③インサイドパネル

④ピラー

⑤ダッシュパネル

⑥ルーフパネル

⑦フロア

⑧トランクフロア

⑨ラジエータコアサポート

 

 

このうち①~⑧の骨格部位を修正していたり、

キズがあったりしているものは事故歴(修復歴)とみなされます。

(ただし、ネジ止め部分は骨格に入らない)

 

また、⑨は、交換され、かつ隣接する骨格部位に凹みや曲がり、

または修復跡があると修復歴となります。

 

※注意

⑨のコアサポートに関しては、日本自動車査定協会では上記のように定義されていますが、

日本中古車自動車販売商工組合連合会では交換だけでも事故車(修復歴あり)と定義されています。

 

 

このように、3つの組織により、事故車(修復歴車)には明確な定義が決まっているんです。

 

 

事故歴(修復歴)ではなく、“修理歴”です

事故車(修復歴車)には、しっかり定義があります。

 

なので、下記のようなものは、

 

・ガードレールなどでドアを擦ったため、ドアを修復した⇒事故車ではない

・バンパーをぶつけたので交換した⇒事故車ではない

・フロントガラスが小石でヒビが入ったので交換した⇒事故車ではない

 

となり、あくまでも“修理歴”になるだけなんですよ。

 

ドアにキズがついたり、ボンネットが多少凹んでも、

上記の①~⑨の骨格部分に影響がなれば、事故車にはならないんですよ。

 

 

この事故車かどうかの判断は、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

というのも、悪質な業者の中には、

「ドアを変えているから事故車ですね~」

と嘘を言って、査定額を下げようとする人がいる場合があります。

 

ですが、これは本来、事故車には該当しません。

 

なので、「ドアは交換しましたが、ピラーなどの骨格部分には全く影響はありませんでしたよ~」

と言うことで、不当な査定額の減額を免れることができるんですよ。

 

 

もちろん、このような悪質な査定士は稀ですが、万が一のために、

ぜひ、事故車の定義を覚えておくといいですよ。

事故車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
事故車だったのでディーラーでは廃車にするしかないと言われましたが、一括査定で複数の買取業者に査定を依頼してみたところ意外な高値がつきました。

愛車を高く売るためには、一括査定は避けて通れないですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、入力完了後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。とてもバランスの良い車買取査定サイトで、運営会社は上場企業なので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


事故車の買取価格について
事故車を売る時の疑問
事故車(修復歴車)を売る時の注意点
事故車の基本的な知識
高く売るためのコツ
車売却時の裏ネタ
今月の人気記事
カテゴリー