ミニバン×SUVのCX-8が登場。限界値引き額はいくら?

目安時間:約 14分

2017年12月14日から販売が開始された、3列シートを持つSUVの「CX-8」。

 

CX-5の上級車種に位置する車で、日本向けクロスオーバーSUVでは最上級車種となっています。

 

そんなCX-8の新車を購入するときの限界値引きは、いくらなのでしょうか?

 

マイナーチェンジで後期型に進化した『CX-8の限界値引き額』についてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら車買取一括査定の利用は必須です
  • 愛車を高く売るときに、1円でも損をしたくない
  • 知名度が抜群のサービスで、車を高く売りたい
  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい

 

査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、成約するとさらに楽天ポイントがもらえるので、かなりお得です

愛車を高く売りたいなら楽天で!

CX-8の特徴

フロントグリルなどのちょっちした違いはあるものの、CX-5とそっくりな「CX-8」。

 

見た目は似ていますが、CX-8の走行感覚などは、CX-5とまったく別物です。

 

 

そんなCX-8の特徴は、以下の点です。

 

【CX-8のポイント】

    • プラットフォームはCX-9のものを使用
    • 先進安全技術が進化
    • 3列目も快適&運転手と話ができる
    • 比較的のんびりしたハンドリング
    • エンジンに新技術を投入してパワーアップ


それぞれ、詳しくお話ししますね。

 

 

プラットフォームはCX-9のものを使用

CX-8は、見た目がCX-5と似ているので、「CX-5を伸ばして3列シートにした車」とみられることがあります。

 

けれど、これは間違いです。

 

 

CX-8は、北米などで販売されているより大きなCX-9のプラットフォームを採用し、全長と全幅を切り詰めて、今のボディサイズにしているんです。

 

サスペンションアーム類は、CX-9のものを短くしています。

 

6~7人乗りを考慮して、CX-5よりもより剛性の高いサスペンションを使用しているんです。

 

 

このように、CX-8は、北米のCX-9がベースの車なんです。

 

 

先進安全技術が進化

CX-8は、安全性能も高く、先進安全技術も進化しています。

 

 

フロントウインドウの左右の窓枠(Aピラー)は、後方に配置してあります。

 

これにより、前方の視界やカーブの出口、隣車線などが見やすくなり、安全確認がしやすくなっています。

 

さらに、ドアミラーをすこし後ろに配置することで、ミラー前方の視界も確保してあるんです。

 

 

CX-8は、新たに360°モニターが採用されました。

 

車と周囲を上から見たようにモニターに表示されるので、障害物などが見やすくなります。

 

ボディな大きな車にとって、360°モニターはかなり便利な機能です。

 

 

先進安全技術の「i-ACTIVSENSE」も進化していて、とくに、運転支援システムの「アダプティブクルーズコントロール」と「レーンキープアシスト」の性能は、BMW5シリーズに匹敵するくらいです。

 

 

歩行者とぶつかったときに、衝撃を和らげる歩行者保護システムの「アクティブボンネット」も全グレードに装備されるなど、CX-8は、いろいろな角度から安全について考えられているんです。

 

国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」となる技術がたくさん盛り込まれています。

 

※サポカーSワイドは、サポカーの最上位です

「サポカー」とは?安全装備の自動ブレーキ装着車の格付けです

 

3列目も快適&運転手と話ができる

CX-8の最大の売りは、3列目シートです。

 

しかも、3列目シートは、補助的ではなく、快適な座り心地を実現しているんです。

 

 

180cmくらいの男性が3列目シートに座ると、少し膝を抱えるような状態となってしまいますが、足元は比較的余裕があります。

 

このように3列目シートに座る時の体勢は、少し窮屈になってしまいますが、驚きなのがその状態でも乗り心地が良いことです。

 

後輪の車軸上に3列目シートがあるのですが、大きな振動は伝わってきません。

 

衝撃吸収性に優れているんです。

 

 

そしてCX-8のすごいところは、3列目シートに座っていても、ドライバーと普通の音量で話ができるところです。

 

室内は超静かというわけではないのですが、人の声レベルの周波数帯がしっかり通るように静粛性にこだわっているからこそなんです。

 

 

比較的のんびりしたハンドリング

CX-8は、CX-5と見た目が似ていますが、ハンドリングはまったく別物です。

 

CX-8のステアリングのギア比は、CX-5よりも13%ほどスロー化されているそうです。

 

最近のマツダ車としては、ステアリンが軽くて、操舵量も多いです。

 

 

この理由は、CX-8は多人数で乗る車なので、ステアリングを切ったときの挙動を穏やかにすることで、2列目、3列目の快適性を高めているんです。

 

 

ドライバーとして運転する楽しさはCX-5のほうが優位で、2列目、3列目に乗っているときの快適性はCX-8のほうが優位です。

 

 

エンジンに新技術を投入してパワーアップ

CX-8の2200ccディーゼルエンジンは、最新技術が投入されて、『190ps/45.9kgm』にまでパワーアップしています。

 

それでいて、燃費はCX-5とほぼ同じなんです。(ほぼ同じ~0.2km/Lの悪化くらいの差しかありません)

 

 

低速域からスムーズにトルクを発揮して、大人数が乗ってもパワー不足を感じることはありません。

 

 

燃料のタンク容量は、FFで72L、4WDで74Lとなっていて、WLTCモードで計算した場合の航続可能距離は、1137kmにもなるんですよ。

 

 

CX-8は、こんなにもすごい車なんです。

 

CX-8とCX-5は何が違うの?

CX-8とCX-5は、細かな部分ではいろいろな違いがありますが、大まかには、

 

・ボディサイズ

・3列目シート

・安全装備が充実

・運転感覚の違い

・エンジン性能がアップしている

 

というところです。

 

多人数で乗るなら(ミニバンに近い使い方をするなら)CX-8、SUVとしての利便性や運転の楽しさを味わいたいならCX-5です。

 

 

【CX-8とCX-5のボディサイズなどの違い】

 

CX-8

XDプロアクティブ

4WD

CX-5

XDプロアクティブ

4WD

全長 mm49004540+360
全幅 mm18401840
全高 mm17301690+40
室内長 mm26901890+800
室内幅 mm15401540
室内高 mm12501265-15
ホイールベース mm29302700+230
最小回転半径 m5.85.5+0.3
車両重量 kg18801680+200
排気量 cc21882188
最高出力 ps/rpm190/4500175/4500+15
最大トルク kgf・m/rpm45.9/200042.8/2000+3.1
JC08モード燃費 km/L17.017.2-0.2

 

 

 

CX-8のデメリット

CX-8のデメリットは、

 

    • 3列目は窮屈
    • 小回りの利きが悪い
    • 価格が割高

 

です。

 

 

3列目は窮屈なのがCX-8のデメリットです。

 

 

CX-8の3列目シートは、SUVのなかでは快適ですが、売れ筋のミニバンよりは狭くて窮屈です。

 

全長が4900に達する大柄なボディですが、3列目は狭いです。

 

 

また、CX-5と全幅は同じですが、小回りが利かないのもデメリットです。

 

最小回転半径は5.8mなので小回りが利かず、ボディも大きいので取り回し性が悪いです。(CX-5の最小回転半径は5.5m)

 

 

そして、価格が割高なのもCX-8のデメリットです。

 

CX-5とCX-8の装備差を補正しても、ボディを拡大して3列目を加えた対価が37万円にもなります。(CX-8のほうが高いです)

 

価格は割高です。

 

 

CX-8のメリット

新型ハリアー&ハリアーハイブリッドのメリットは、

 

    • 内装が上質
    • 安全装備がマツダ車の中でもっとも充実している
    • エンジンの設計が新しい

 

です。

 

 

CX-8は、内装が上質なところがメリットです。

 

インパネやセンターコンソールは上質に作り込まれていて、2列目シートも快適です。

 

ラグジュアリーな雰囲気が漂う内装です。

 

 

CX-8は、今のマツダ車のなかで最も安全装備が充実しているのもメリットです。

 

歩行者を保護するアクティブボンネットを標準装備したり、360°モニターが設定されたりと、安全性が高いです。

 

 

そして、エンジンの設計が新しいのもメリットです。

 

2200ccディーゼルエンジンは、CX-5やアテンザよりも設計が新しく、動力性能が優れています。

 

 

 

CX-8には、このようなメリット・デメリットがあります。

 

 

CX-8の限界値引き額と購入時のポイント

CX-8の限界値引き目標額は、19万円です。

 

 

 

CX-8は、まだ登場したばかりなので、車両本体値引きは厳しいです。

 

なので、用品値引きや下取り査定額の上乗せを積極的に交渉して、“総額”として大幅値引きを引き出してください。

 

 

CX-8の大幅値引きを引き出すポイントは、Lサイズミニバンとの競合です。

 

CX-8は、ミニバンユーザーを取り込みも狙っているので、エスティマ(日産)やアルファード&ヴェルファイア(トヨタ)をライバルとしてぶつけるといいです。

 

また、デリカD:5(三菱)もSUV×ミニバンというキャラなので、競合させてみるといいかもです。

 

ハリアーやレガシィアウトバックなどのSUVとも競わせるのもありです。

 

 

上手に交渉を行って、お得にCX-8を購入してくださいね。

車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
事故車だったのでディーラーでは廃車にするしかないと言われましたが、車買取査定サービスで複数の買取業者に査定を依頼してみたところ意外な高値がつきました。

楽天 無料愛車一括査定

査定するだけで、楽天ポイントがもらえる一括査定

 

ネット通販で知名度抜群の「楽天」が運営している車買取一括査定です。楽天が運営しているので安心。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、成約するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらえますよ。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

 

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

ユーカーパック

電話が来るのは1社だけのオークション形式車買取査定サービス

 

車買取一括査定のデメリットを解消した、新しいタイプの車買取査定サービスです。車買取店からの営業電話はなく、電話が来るのは1社だけです。査定も1回受けるだけなのでかんたんですし、あなたの個人情報が開示されるのも、売ることが決まった車買取店1社だけなので安心です。


事故車の買取価格について
事故車を売る時の疑問
事故車(修復歴車)を売る時の注意点
事故車の基本的な知識
高く売るためのコツ
車売却時の裏ネタ
カテゴリー

ページの先頭へ