新型 パッソ ブーン 値引き

事故車を高く売るカー部

新型パッソ・ブーンの限界値引き額。コンパクトカーの中でも最小サイズの車

 

ダイハツが生産・販売しているハッチバック型コンパクトカーのブーンと、ダイハツが主体でつくり上げトヨタに供給しているパッソ。

 

パッソ(トヨタ)とブーン(ダイハツ)は兄弟車で、コンパクトカーの中でもサイズが特に小さい車です。

 

現行型は、2016年4月にフルモデルチェンジされて登場しました。

 

名前の由来は、パッソはイタリア語で「ステップの意味」、ブーンは英語で「愉快」の意味があり、自動車が走行するときの擬声語「ブーン」からきています。

 

そんなパッソ・ブーンの新車を購入するときの限界値引きは、いくらなのでしょうか?

 

パッソ(トヨタ)・ブーン(ダイハツ)の限界値引き額』についてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら車買取一括査定の利用は必須

たった45秒で申し込みができてとっても簡単。すぐに概算の最高額も分かります。

提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。

かんたん車査定ガイド

パッソ(トヨタ)・ブーン(ダイハツ)のメリット・デメリット

コンパクトカーの中でも最小サイズで、軽自動車と同じくらいの価格で購入できるパッソ(トヨタ)・ブーン(ダイハツ)。

 

安全装備が充実していて、使い勝手が良い割安な小型車です。

 

 

そんなパッソ(トヨタ)・ブーン(ダイハツ)のメリットは、運転がしやすいところです。

 

パッソ・ブーンは、直線基調のボディとなっていて、コンパクトなボディなので小回りも効きます

 

視界も良いので、運転がとてもしやすいです。

 

室内空間も広いので、使い勝手が良い車ですよ。

 

 

また、安全装備が充実しているのもメリットです。

 

搭載している自動ブレーキは、低速から中速まで広い車速域で作動し、歩行者も検知します。

 

安全性は万全です。

 

 

そして、燃費性能が優れているのもメリットです。

 

エンジンの設定は1000cc・3気筒だけに絞り、燃費を向上させました。

 

そのためJC08モード燃費で28.0km/Lの低燃費を実現しました。

 

 

 

一方、パッソ・ブーンのデメリットは、乗り心地がイマイチなところです。

 

後席は頭上と足元空間が広いですが、後席シートは少し柔軟性に欠ける座り心地です。

 

前後席ともに乗り心地は硬めで、操舵感は少し鈍いです。

 

乗り心地に関する質感は、少し不満を感じます。

 

 

また、荷室の容量が小さいのもデメリットです。

 

大型のスーツケースを積み込めるスペースはありますが、それでもそれほど広くなく、荷室の使い勝手はイマイチです。

 

 

パッソ(トヨタ)・ブーン(ダイハツ)には、このようなメリット・デメリットがあります。

 

コンパクトで運転がしやすく、使い勝手が良い車が、パッソ(トヨタ)・ブーン(ダイハツ)です。

 

 

パッソ(トヨタ)・ブーン(ダイハツ)の限界値引き額と購入時のポイント

パッソ(トヨタ)・ブーン(ダイハツ)の限界値引き目標額は、12万円です。

 

パッソ・ブーンは、販売が好調で、もともと値引きの余力が少ないので、車両本体値引きは伸び悩んでいます。

 

なので、商談では、オプション値引きや下取り査定額アップを狙ってください。

 

 

同じ地域内に資本の異なるカローラ店が複数あれば、同士競合をメインに商談してください。

 

また、パッソとブーンの兄弟車競合も効果的です。

 

軽自動車と競合させる人も多いので、新型ワゴンR(スズキ)やムーヴ(ダイハツ)、デイズ(日産)との競合も行ってみるのもいいですよ。

 

 

上手に交渉を行って、お得にパッソ・ブーンを購入してください。

事故車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
事故車だったのでディーラーでは廃車にするしかないと言われましたが、一括査定で複数の買取業者に査定を依頼してみたところ意外な高値がつきました。

愛車を高く売るためには、一括査定は避けて通れないですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、入力完了後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。とてもバランスの良い車買取査定サイトで、運営会社は上場企業なので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

タグ :   

自動車ニュース ホンダ車ニュース 自動車ニュース ダイハツ車ニュース

この記事に関連する記事一覧