ミラ 値引き アルト

事故車を高く売るカー部

ミラの限界値引き額。MT専用車なので、アルトとの競合が好条件で購入するコツ

 

長年、ダイハツを支えてきた看板モデルのミラ。

 

MT仕様を乗りついできた人のために、MTのみの販売となっている車種です。

 

名前の由来は、イタリア語で「羨望」という意味の言葉からきています。元々はクオーレの商用車を「ミラクオーレ」と命名しましたが、いろいろあって最終的にミラだけが残りました

 

そんなダイハツ・ミラの新車を購入するときの限界値引きは、いくらなのでしょうか?

 

ダイハツ・ミラの限界値引き額』についてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら車買取一括査定の利用は必須

たった45秒で申し込みができてとっても簡単。すぐに概算の最高額も分かります。

提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。

かんたん車査定ガイド

ダイハツ・ミラのメリット・デメリット

シンプルな装備だけを搭載し、5速MT専用となった低価格な軽自動車のミラ。

 

MTしか運転できない人のニーズに対応するために販売されている車種です。

 

 

そんなミラのメリットは、動力などが自然なところです。

 

燃費重視の設計をしていないので、動力性能が自然です。

 

室内空間を大きく取るような設計もしていないため、走行安定性や操舵感も良いです。

 

 

また、視界が良いのもミラのメリットです。

 

ウィンドーの下端が低く、ボディは直線基調なので、前後左右ともに視界がかなり良いです。

 

コンパクトなボディサイズも相まって、取り回し性はかなり良いですよ。

 

 

一方、ミラのデメリットは、安全装備に不満があるところです。

 

登場して10年以上が経っていて設計も古いので、自動ブレーキは装備されていません。

 

また、横滑り装置も装着しておらず、後席にはヘッドレストもないので、安全装備の設定がいまいちです。

 

 

また、MTしか設定されていないところもデメリットです。

 

MT専用車なので仕方がないですが、バン仕様には無段変速ATのCVTがあるのに、乗用仕様には5速MTしかありません。

 

近年は、AT免許限定車が増えているので、ミラは社用車としても使われなくなってきています。

 

まさにMTしか運転できない人のための車です。

 

 

ミラには、このようなメリット・デメリットがあります。

 

低価格な5速MT専用のクルマが、ミラです。

 

 

ダイハツ・ミラの限界値引き額と購入時のポイント

ダイハツ・ミラの限界値引き目標額は、13万円です。

 

ミラは、発売から10年が経ち設計が古くなっていますが、毎月コンスタントに売れています。

 

そのため、車両本体値引きも出ていて、未使用中古車もたくさんあります。

 

 

ミラはMTしか存在しないので、スズキ・アルトやワゴンRと競わせて、車両本体やオプション値引きのアップ、下取り査定額の上乗せを狙うのが、好条件で購入するポイントです。

 

とくに、下取り査定額の上乗せは、購入費用の負担を減らすための大切なポイントなので、しっかり交渉して上乗せしてもらってくださいね。

 

上手に交渉を行って、お得にミラを購入してください。

事故車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
事故車だったのでディーラーでは廃車にするしかないと言われましたが、一括査定で複数の買取業者に査定を依頼してみたところ意外な高値がつきました。

愛車を高く売るためには、一括査定は避けて通れないですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、入力完了後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。とてもバランスの良い車買取査定サイトで、運営会社は上場企業なので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

タグ :  

自動車ニュース ダイハツ車ニュース

この記事に関連する記事一覧